保存版!誰でも分かるFont Awesome5の使い方:手軽にWebアイコンフォントを使おう!






解説

手軽にWebアイコンフォントを使う方法が知りたい!

Webアイコンフォントとは

HTMLのタグや特有のクラス名を付与することで、簡単にブログやWEBサイトに上にアイコンを表示できるサービスです。

アイコンを使うことで、ブログやWEBサイトで手軽に装飾することができます。

画像でアイコンを作成することもできますが、Webアイコンフォントは

  • CSSで色やサイズを指定することができる
  • ファイルサイズを抑えられる
  • クラス名などで簡単に呼び出せる

など柔軟で利便性が高いのが特徴です。

今回は、無料で利用でき知名度も高いFont Awesomeの導入方法と使い方をご紹介します。

POINT
  • CDNでFont Awesomeを呼び出す
  • 利用したいアイコンを探す
  • アイコンを使うためのタグを埋め込む

Font Awesomeの導入と使い方

ここから、Font Awesomeの導入と使い方の詳細手順を説明していきます。

STEP1 | Font AwesomeをCDNで呼び出す

最初にCDNを使い、Font Awesomeを呼び出すまでを説明します。

STEP1-1〜STEP1-9でアカウント登録からCDNの取得を説明しています。

アカウントを登録せずにCDNを使いたい場合は

<link rel="stylesheet" href="https://use.fontawesome.com/releases/v5.15.1/css/all.css">

を使い、STEP1-10の手順を進めてください。

STEP1-1 | Font Awesome 公式サイトへアクセスする

STEP1-2 | ログイン画面を開く

トップ画面右上のSign INをクリックしてログイン画面を開きます。

STEP1-3 | 登録画面を開く

ログイン画面下にあるのCreate an accountをクリックしてアカウント登録画面を開きます。

STEP1-4 | メールアドレスを登録する

任意のメールアドレスを入力して、Create & Use This Kitボタンをクリックする

STEP1-5 | パスワード登録画面を開く

メールアドレスに届いたメールを開きClick to Confirm 〜ボタンをクリックする

STEP1-6 | パスワードの登録(アカウント登録)を完了する

任意のパスワードを入力し、Set Passord & Continueボタンをクリックする

STEP1-7 | 画面右上のアカウントアイコンをクリックする

ログイン状態でTOP画面右上にあるアイコン(矢印のヤツ)をクリックする

STEP1-8 | Font Awesome CDNをクリックする

サイドメニューのFont Awesome CDNをクリックする

STEP1-9 | Font Awesome CDNをコピーする

画面中央にあるlinkタグをコピーする

私の場合は

<link rel="stylesheet" href="https://use.fontawesome.com/releases/v5.15.1/css/all.css" integrity="sha384-vp86vTRFVJgpjF9jiIGPEEqYqlDwgyBgEF109VFjmqGmIY/Y4HV4d3Gp2irVfcrp" crossorigin="anonymous">

STEP1-10 | Font Awesome CDNをソースに組み込む

HTMLなどCDNを使いたいファイルのhead内にコピーしたlinkタグを組み込む

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>Veu.jp sample</title>
    <link rel="stylesheet" href="https://use.fontawesome.com/releases/v5.15.1/css/all.css">
  </head>
これで、Font Awesomeを使う準備ができました。
次に実際にFont Awesomeを使う方法を説明します

STEP2 | Font Awesomeを使う

STEP2-1 |アイコンの検索

Font Awesomeのギャラリーを開き使いたいアイコンを検索する

無料で使う場合の注意

サイドメニューでFreeを選択して無料で利用可能なアイコンで絞り込み行う

アイコン検索を行う際の注意

検索は英語のみ対応です

STEP2-2 | アイコンの詳細を開く

使いたいアイコンをクリックして、アイコンの詳細画面を開く

STEP2-3 | アイコンのタグをコピー

画面左上絵のタグをクリックして、タグをクリップボードにコピーする

STEP2-4 | タグを組み込む

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>Veu.jp sample</title>
    <link rel="stylesheet" href="https://use.fontawesome.com/releases/v5.15.1/css/all.css">
  </head>
  <body>
    <h2>アイコンのみ使う</h2>
    <i class="fas fa-address-book"></i>
    <h2>テキストと組み合わせて使う</h2>
    <i class="fas fa-address-book">テキスト</i>
  </body>
</html>

↓実際に表示するとこのようになります。


テキスト
これがFont Awesomeの基本的な使い方になります。
次に少しユニークなFont Awesomeの使い方を説明します。

STEP3 | Font Awesomeを使う(応用編)

Font Awesomeではクラスを追加することで簡単にサイズ変更やアニメーションなどをカスタマイズすることができます。

ここからはFont Awesomeの応用編として、サイズ変更やアニメーションの設定方法を説明します。

STEP3-1 | アイコンのサイズを変える

Font Awesome では、クラスを追加することで簡単にサイズ(大きさ)を変えることができます。

サイズのクラスを追加しない場合は、サイズは親要素に合わせて自動的に調整されます。

Sizing Scale Details

クラスサイズ備考
fa-xs.75em
fa-sm.875em
fa-lg1.33em
fa-2x2emvertical-align: -25%を指定
fa-3x3em
fa-4x4em
fa-5x5em
fa-6x6em
fa-7x7em
fa-8x8em
fa-9x9em
fa-10x10em

使用例

<div style="font-size: 10px;">
  <i class="fas fa-camera fa-xs"></i>
  <i class="fas fa-camera fa-sm"></i>
  <i class="fas fa-camera fa-lg"></i>
  <i class="fas fa-camera fa-2x"></i>
  <i class="fas fa-camera fa-3x"></i>
  <i class="fas fa-camera fa-4x"></i>
  <i class="fas fa-camera fa-5x"></i>
  <i class="fas fa-camera fa-6x"></i>
  <i class="fas fa-camera fa-7x"></i>
  <i class="fas fa-camera fa-8x"></i>
  <i class="fas fa-camera fa-9x"></i>
  <i class="fas fa-camera fa-10x"></i>
</div>

STEP3-2 | アイコンの幅を揃える

Font Awesome では、デフォルトではアイコンの幅がバラバラです。

サイズのクラスを指定することで幅を合わせることができます。

Fixed Width Icons

クラス意味備考
fa-fw幅を揃える

使用例

<div style="font-size: 15px;">
  <div><i class="fas fa-exclamation fa-fw" style="background:SkyBlue"></i>01</div>
  <div><i class="fas fa-check fa-fw" style="background:SkyBlue"></i>02</div>
  <div><i class="fas fa-cat fa-fw" style="background:SkyBlue"></i>03</div>
</div>

fa-fwあり

01
02
03

fa-fwなし

01
02
03

STEP3-3 | アイコンをリストのマーカとして使う

ul 要素のクラスにfa-ul、li 要素のクラスにfa-liを指定することで、リストのデフォルトのマーカーをアイコンを変更できます。

Icons in a List

クラス使い方備考
fa-ulul 要素のクラスに指定
fa-lili 要素のクラスに指定

使用例

<ul class="fa-ul">
  <li><span class="fa-li"><i class="fas fa-check"></i></span>01</li>
  <li><span class="fa-li"><i class="fas fa-check"></i></span>02</li>
  <li><span class="fa-li"><i class="fas fa-check"></i></span>03</li> 
</ul>
  • 01
  • 02
  • 03

STEP3-4 | アイコンを回転・反転させる

クラスを指定することでアイコンを回転、反転させることができます。

Rotate Classes

クラス角度備考
fa-rotate-9090°
fa-rotate-180180°
fa-rotate-270270°
fa-flip-horizontal水平方向に反転
fa-flip-vertical垂直方向に反転
fa-flip-both水平/垂直方向に反転

使用例

<div style="font-size: 20px;">
  <i class="fas fa-ambulance"></i>
  <i class="fas fa-ambulance fa-rotate-90"></i>
  <i class="fas fa-ambulance fa-rotate-180"></i>
  <i class="fas fa-ambulance fa-rotate-270"></i>
  <i class="fas fa-ambulance fa-flip-horizontal"></i>
  <i class="fas fa-ambulance fa-flip-vertical"></i>
  <i class="fas fa-ambulance fa-flip-both"></i>
</div>

STEP3-5 | アイコンにアニメーションを付ける

クラスを指定することでアイコンを回転、反転させることができます。

回転させてるのに適しているアイコンはSpinnersでカテゴライズされています。

Freeと組み合わせることで無用で使えるアイコンが検索できます。

Animating Icons

クラスアニメーション備考
fa-spin回転

使用例

<div style="font-size: 20px;">
  <i class="fas fa-spinner fa-spin"></i>
</div>

STEP3-6 | アイコンの枠線と右左寄せ

クラスを指定することでアイコンの枠線と右左寄せを設定することがでます。


Bordered
+ Pulled Icons

クラスアニメーション備考
fa-border枠線
fa-pull-left左寄せ
fa-pull-right右寄せ

使用例

枠線

<p><i class="fas fa-angle-double-right fa-border"></i>sample text</p>

sample text

<p><i class="fas fa-quote-left fa-pull-left"></i>Lorem ipsum dolor sit amet, ... quam dicta.<i class="fas fa-quote-right fa-pull-right"></i></p>

左右寄せなし

sample text sample text sample text sample text

左右寄せあり

sample text sample text sample text sample text

STEP3-7 | アイコンの重ね

クラスを指定することでアイコンを重ねることができます。


Stacked Icons

クラス用途備考
fa-stack親要素に指定するクラス
a-stack-2x下地になるアイコンに指定
fa-stack-1x上に重なるアイコンに指定
fa-inversefa-stack-1xに追加指定すると色を反転

使用例

<span class="fa-stack">
  <i class="fas fa-bread-slice fa-stack-2x"></i>
  <i class="fas fa-bold fa-stack-1x fa-inverse"></i>
</span>

下地になるアイコン + 上に重なるアイコン

STEP3-8 | アイコンに高度なアニメーションを設定

Font Awesome Animation を利用すると回転以外のアニメーションも簡単に適用できます。

今までとちょっと使い方が異なるので、簡単に紹介します。

使い方は

  • CSSをダウンロードする
  • CDNで呼び出す

の2通りとなります。

CSSを利用する場合

Font Awesome Animation 

にアクセスして、Minified版のCSSをダウンロードします。

ダウンロードしたCSSを呼び出します。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>Veu.jp sample</title>
    <link rel="stylesheet" href="font-awesome-animation.min.css">
  </head>

CDNを利用する場合

CDNjs – font-awesome-animation

にアクセスして、mini版(上段)のCDNをhead内で呼び出します。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>Veu.jp sample</title>
    <link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/font-awesome-animation/0.3.0/font-awesome-animation.min.css" integrity="sha512-Po8rrCwchD03Wo+2ibHFielZ8luDAVoCyE9i6iFMPyn9+V1tIhGk5wl8iKC9/JfDah5Oe9nV8QzE8HHgjgzp3g==" crossorigin="anonymous" />
  </head>

使用例

クラス用途備考
faa-wrench animated揺れているような動作を設定
<p><i class="fas fa-broadcast-tower faa-wrench animated"></i></p>

クラス用途備考
faa-wrench animated-hoverアイコンにマウスオーバーで動く動作を設定
<p><i class="fas fa-broadcast-tower faa-wrench animated-hover"></i></p>

クラス用途備考
faa-parent animated-hover親要素に設定で親要素マウスオーバーで動く動作を設定
faa-ringベルのようなアニメーションを設定
<p><a href="#" class="faa-parent animated-hover">
    <i class="fa fa-broadcast-tower faa-ring"></i> 親要素マウスオーバー 
</a></p>

親要素マウスオーバー

こちらのUsage欄にクラスとクラスで設定される動きのサンプルが掲載されています。

どのようなアニメーションを指定可能かはこちらを参考にしてください。



最後におさらい

最後におさらいです。

Font Awesomeは 簡単に導入できる上、CSSでの装飾で色やサイズの設定ができます。

アニメーションの設定なども手軽にすることができます。

ぜひ、ブログ・WEBサイトを飾る手順として導入を検討してみてください

POINT おさらい
  • CDNでFont Awesomeを呼び出す
  • 利用したいアイコンを探す
  • アイコンを使うためのタグを埋め込む

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。