プログラミング

【2021最新版】GCP Cloud DNSとお名前.comでドメイン設置をする方法

2021年10月18日

GCP Cloud DNSでDNS設定する方法をメモ代わりにまとめました。

今回は、お名前ドットコムで独自ドメインを設定する方法としてますが他のドメンサービスでも概ね同様の手順で出来ます。

対象者と前提

対象者

  • GCPでDNS設置を行いたい
  • お名前.comで取得したドメインをGCPで使いたい

前提条件

  • お名前.comでドメインを取得済みであること
  • 外部IPでサンプルページを表示できること
    動作確認するのにサンプルページが表示できるとわかりやすいです。

設定方法

手順で使っている外部IPとドメインは以下となります。

  • 34.84.129.249
  • pg-study.net

今回の手順用に取得しているIPとドメンとなります。ご自身で取得したIPとドメンを使ってください。

設定の流れ

設定の流れは以下の通りです。

1~2はGCPの設定、3はお名前.comの設定となります。

  1. DNSゾーンの作成
  2. Aレコードの追加
  3. ネームサーバの設定
  4. ドメインで接続確認

DNSゾーンの作成

Cloud DNSの画面でゾーンを作成をクリックします。

登録画面で以下のように選択・入力して作成をクリックします。

  • ゾーンのタイプ:公開
  • ゾーン名:my-zone
    ※任意の名前でOK
  • DNS名:お名前.comで取得したドメイン
    例では、pg-study.net
  • DNSEC:オフ
  • 説明:ブランク
    ※必要に応じて入力する
ゾーンの登録

ゾーンが作成されればOKです。

ゾーンの詳細

Aレコードの追加

ゾーンの詳細画面でレコードを追加をクリックします。

レコードセットの追加①

レコードセットの作成画面以下のように選択・入力して作成をクリックします。

  • DNS名:デフォルト
    ドメイン名となっていることを確認
  • リソースレコードのタイプ:A
  • TTL:デフォルト
  • TTL ユニット:デフォルト
  • ルーティングポリシー:デフォルトのレコードタイプ
  • IPv4アドレス:インスタンスの外部IP
    ※例では34.84.129.249

ゾーンの詳細を確認して、Aレコードが追加されてればOKです。

ゾーンの詳細(Aレコード追加後)

ネームサーバの設定

ここからはお名前.comでの操作となります。

お名前.com Naviにログインして、ネームサーバを設定するをクリックします。

お名前.com Navi

お名前.comのネームサーバ設定で、以下を設定します。設定後、確認ボタンをクリックします。

  • ドメンの選択:CloudDSNに登録したドメイン
  • ネームサーバの選択:その他
  • その他のネームサーバを使う:デフォルト
  • TTL ユニット:デフォルト
  • ルーティングポリシー:CloudDNSのゾーンの詳細のNSレコードをコピペ
    ネームサーバ4が表示されていない場合は右下の+をクリックして追加

CloudDNSのゾーン詳細のNSレコードをの

ネームサーバの設定

登録内容を確認してもんだ無ければ、OKをクリックして登録を完了します。

ネームサー設定の確認

ドメインで接続確認

ドメインでサイトが開けるかを確認します。表示されれば設定完了です。

最大でサイトを表示できるまで72時間かかります。表示されない場合は、時間をおいて再度確認してください。

ドメンでアクセス

まとめ

一つずつ手順を進めることで、簡単にドメインの設置ができます。

是非試してみてください。

お名前.com以外でも、登録の手順は大きく変わりませんのでお名前.com以外でも参考にしてもらえると嬉しいです。

-プログラミング