3流なSEのメモ帳

仕事やプライベートでコードを書くときに調べたことをメモとして残したり、実際に触ってみたプロダクトについて感想などを書いています。

【openSUSE】WIndows10にopenSUSEを入れてみた

はじめに

WindowsPCが壊れて買いなのしたので、OpenSUSEを入れ直すことにしました。
前のPCではデュアルブートで入れていたが、MicrosoftStore入れられると聞いたので試してみました。
前提としてWindows Subsystem for Linuxが有効である必要があるため、有効にする方法も併せて書いておきます。

1.Windows Subsystem for Linuxの有効化

アプリと機能を開く

検索窓でアプリと機能で検索するかスタートボタン右クリックでアプリと機能を開きます
f:id:sya_mu-neco:20190704000829p:plain

プログラムと機能を開く

右側にあるプログラムと機能を開きます
f:id:sya_mu-neco:20190704001501p:plain

Windowsの機能の有効化または無効化を開く

左側にあるWindowsの機能の有効化または無効化を開きます
f:id:sya_mu-neco:20190704001627p:plain

Windows Subsystem for Linuxの有効化

Windows Subsystem for Linuxチェックボックスにチェックを入れてOKを選択
f:id:sya_mu-neco:20190704001931p:plain

再起動

変更の適応後、今すぐ再起動を選択し、PCを再起動します
f:id:sya_mu-neco:20190704002148p:plain

f:id:sya_mu-neco:20190704002345p:plain

2.openSUSEのインストール

MicrosoftStoreを開いてOpenSUSEで検索
f:id:sya_mu-neco:20190703235447p:plain:w500


アプリの項目に表示されているopenSUSE-Leap15-1を選択
f:id:sya_mu-neco:20190703235559p:plain:w500


入手を選択
f:id:sya_mu-neco:20190703235941p:plain:w500


インストールが完了するのを待ち、起動を選択
f:id:sya_mu-neco:20190704000325p:plain


初回は以下のようにインストールが行われます
しばらく待って画面が切り替わらないときはEnterを押してみてください
f:id:sya_mu-neco:20190704002713p:plain

初回起動時はユーザやパスワード設定が発生します
完了するとCUIopenSUSEが使えるようになります
f:id:sya_mu-neco:20190704003812p:plain

TOPIC

起動時のエラー対応

Windows Subsystem for Linuxが無効だと以下のようになります
有効にすることで解消します。
f:id:sya_mu-neco:20190704001324p:plain

まとめ

非常に簡単に導入できました
興味ある方は是非試してみてください
次はGUI起動かな。


新しいLinuxの教科書

新しいLinuxの教科書