3流なSEのメモ帳

仕事やプライベートでコードを書くときに調べたことをメモとして残したり、実際に触ってみたプロダクトについて感想などを書いています。

【Mac】Eclipseにpivotal serverを入れてみた

はじめに

Spring Bootの勉強をしようとPleiadesからEclipse入れたのですが、
pivotal serverが同梱されなかったので入れ直してみました。
作業の内容を備忘録として残しておきます

1.事前準備

Eclipseのインストール

以下のサイトからEclipseをインストールします。
mergedoc.osdn.jp

※ 記事を書いた時点での最新版:2019-03× Java×Full Editionで実施しています

2.Eclipse用Pivot tc Serverの導入

マーケットプレースを開く

ヘルプ → Eclipseマーケットプレース
f:id:sya_mu-neco:20190503220158p:plain:w350

インストール

「spring」で検索 → 「Eclipse用Pivot tc Server〜」を選択
f:id:sya_mu-neco:20190503220332p:plain:w350

画面に乗っ取りインストールを完了させる
f:id:sya_mu-neco:20190503220518p:plain:w350

f:id:sya_mu-neco:20190503220737p:plain:w350

再起動

再起動のアラートが出たら再起動させる
f:id:sya_mu-neco:20190503220543p:plain:w350

3.「Spring Tool Suite ダッシュボード」を開く

ダッシュボードの確認

再起動後にようこそ画面から「Spring Tool Suite ダッシュボード」を開く
f:id:sya_mu-neco:20190503222050p:plain:w350

※ようこそ画面が表示されない場合、ヘルプ → ダッシュボードで開けます
f:id:sya_mu-neco:20190503222225p:plain:w350

このような画面が表示されていることを確認する
f:id:sya_mu-neco:20190503222424p:plain:w350

4.「Pivot tc Server」のインストール

IDE EXTENSIONSを開く

ダッシュボードの「IDE EXTENSIONS」をクリックする
f:id:sya_mu-neco:20190503222906p:plain:w350

「Pivot tc Server」をインストール

「Pivotal tc Server Developer Edition」にチェックを入れてインストールをクリックする
確認画面出たら、完了させてEclipseを再起動する
f:id:sya_mu-neco:20190503223152p:plain:w350

インストールの確認

アプリケーションを開き、「pivotal-tc-server-developer-4.0.4.RELEASE」がインストールされていることを確認する
f:id:sya_mu-neco:20190503223751p:plain:w350

5. サーバーの作成

サーバービューから新規ウィザードを開く
f:id:sya_mu-neco:20190503224031p:plain:w350

「pivotal tc Server v4.0」を選択して次へをクリック
f:id:sya_mu-neco:20190503224246p:plain:w350

名前に任意の名前(デフォルトのままでOK)
インストールディレクトリーに先ほどインストールした「pivotal-tc-server-developer-4.0.4.RELEASE」を指定
次へをクリック
f:id:sya_mu-neco:20190503224526p:plain:w350

f:id:sya_mu-neco:20190503224553p:plain:w350

f:id:sya_mu-neco:20190503224539p:plain:w350

Create new Instanceが選択されていることを確認し、次へをクリック
f:id:sya_mu-neco:20190503224737p:plain:w350

名前に任意の名前
テンプレートで「base」を選択
完了をクリック
※テンプレートで何を選択するかがベストかわからないが、とりあえず「base」にした
f:id:sya_mu-neco:20190503225008p:plain:w350

サーバビューに作成したサーバが表示されてればOK
f:id:sya_mu-neco:20190503225123p:plain:w350

一応サーバーを起動してみて起動されることも確認できた
f:id:sya_mu-neco:20190503225214p:plain:w350

まとめ

このやり方がベストプラクティスかはわかりませんが、どうにかサーバー作れました。
ここでつまっている方がいれば、参考になれば嬉しいです。