M5Stackでアバターを試してみた




はじめに

M5Stackで本格的に始めようと思うので、手始めに顔表示にチャレンジしてみました。
といっても、有志の方が作成してくれているライブライリーを取り込むだけですが。。。
初心者でも手軽に出来ました!!

環境

  • Mac(Windows10)
  • Auduino
  • M5Stack Gray

※キャプチャはMacですがWindows10でも出来ることを確認してます。
※環境構築は実施済みとします。

開発

ライブラリの追加

  1. 「ツール」→「ライブラリを管理」で「ライブラリマネージャ」を開く

f:id:sya_mu-neco:20191104144755p:plain:w450

  1. 検索窓に「avatar」と入力して検索
  2. 検索結果から「M5Stack_Avatar」をインストール

*1

スケッチ例を開く

「ファイル」→「スケッチ」で「M5Stack_Avatar」→「face-and-color」でスケッチを開く
f:id:sya_mu-neco:20191104144645p:plain:w450

M5Stackに書き込み

書き込みを行う
f:id:sya_mu-neco:20191104145114p:plain:w450

動作確認

M5Stackに写真のように顔が表示されます!

f:id:sya_mu-neco:20191104145638j:plain:w450]

まとめ

公開されているライブラリを使うと、とても簡単に顔表示ができました!
興味ある方は、是非試してください!!

*1:こちらのライブラリは @meganetaaan さんが公開してくださっているライブラリです。GitHubで公開されています。
github.com

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。