プログラミング

【2021年最新版】MACでnodenvで最新のNode.jsが表示されないときの対処法

2021年8月16日

MACでbrew経由でnodenvを使ってバージョン管理をする特に最新のバージョンがインストールできなかったので、対応方法をメモしておきます。

結論

最初に結論を書いておきます。すぐに対応したい方は、ここだけ読んでもらえればOKです

nodenv配下のnode-buildの階層まで移動してからnode-buildをgitからpullしてくる

nodeenv配下のnode-buildが使われるので、ここを最新化しないといけないみたい

こちらのqiitaの記事を参考にさせていただきました。

nodenv配下のnode-buildの階層へ移動する

 cd /Users/{User}/.nodenv/plugins/node-build

git pullする

git pull

brewでnodenvをインストールした場合、「/Users/{User}/.nodenv/」がnodenvのルートになる

pullが終わってから以下のコマンドを実行すると最新の16系まで表示されます。

 nodenv install -l

★おさらい nodenvの導入

おさらいお意味も込めて簡単にnodenvのインストール方法をメモ

ターミナルを開いてbrewでインストールする

brew install nodenv

zshrc/bash_profileはどちらかの設定でOK。自身の環境に合わせて読み進めてください。

zshrcもしくはbash_profileを開く

zshrc

vi ~/.zshrc

bash

vi ~/.bash_profile

以下の1行を追加

eval "$(nodenv init -)"

以下のコマンドを実行しての再読込

zshrc

source ~/.zshrc

bash

source ~/.bash_profile

最後に

nodenv -v

を実行して

nodenv 1.4.0

のように表示されればOK(バージョンはインストールのタイミングよって変化)

最新のNode.jsが表示されないときの試行錯誤

導入後

 nodenv install -l

でインストール可能なバージョンを確認すると、13系までしか表示されない。

この記事を書いている時点でLTSが14.17.5なので、かない古いバージョンまでしかインストールできない事象に遭遇。

対応策①

brewとnode-buildを最新化するために以下のコマンドを実行

brew update
brew upgrade node-build

変化無く、最新のバージョンが管理対象にならない

対応策

色々ググってこちらのqiitaの記事に出会い参考にさせていただきました。

実際にやったことは

nodenv配下のnode-buildの階層へ移動する

 cd /Users/{User}/.nodenv/plugins/node-build

git pullする

git pull

brewでnodenvをインストールした場合、「/Users/{User}/.nodenv/」がnodenvのルートになる

pullが終わってから以下のコマンドを実行

 nodenv install -l

最新の16系まで表示された!!

無事解決しました。

created by Rinker
¥3,168 (2021/09/27 04:48:39時点 楽天市場調べ-詳細)

-プログラミング
-, , , , ,