Excel Tips | 日付から曜日を表示する方法≪TEXT関数とWEEKDAY関数の使い方≫






解説

EXCELで関数を利用して「日付」から「曜日」を表示する方法が知りたい!

EXCELで関数を利用して「日付」から「曜日」を表示するには2つの関数を方法があります。

POINT

EXCELで関数を利用して「日付」から「曜日」を表示するには、

  • TEXT関数
  • WEEKDAY関数

のどちらかの関数を使います。

今回は、TEXT関数とWEEKDAY関数それぞれの関数で曜日を表示する方法をお伝えします。

TEXT関数を使って曜日を表示する

まずは、TEXT関数を使った曜日の表示方法を説明します。

TEXT関数とは

TEXT 関数は、表示形式コードを使用して数値に書式設定を適用することで、数値の表示方法を変更することができます。

<関数例>

=TEXT(書式設定する値, “適用する表示形式コード”)

<曜日の表示形式コード>

書式の記号 説明
aaaa 曜日の表示
aaa 曜日を短縮形で表示
dddd 曜日を英語で表示
ddd 曜日を英語の短縮形で表示

TEXT関数を使った曜日表示

<シンプルな実行例>

<曜日に括弧を付ける実行例>

曜日に括弧を付けることもできます。

ダブルコーテーション内の表示形式コードを括弧でくくります。

TEXT関数を使った曜日表示 まとめ

TEXT関数を使った曜日の表示は、手軽に表示形式コードで指定されたフォーマットで曜日を表示することができます。

シンプルでとても分りやすいのが特徴です。



WEEKDAY関数を使って曜日を表示する

次に、WEEKDAY関数を使った曜日の表示方法を説明します。

WEEKDAY関数とは

TEXT 関数は、日付に対応する曜日を返します。

既定では、戻り値は 1 (日曜) から 7 (土曜) までの範囲の整数となります。

<関数例>

=WEEKDAY(シリアル値(日付),[週の基準])

<曜日の表示形式コード>

週の基準 説明
1/省略 1 (日曜) ~ 7 (土曜) の範囲の整数
1 (月曜) ~ 7 (日曜) の範囲の整数
0 (月曜) 〜 6 (日曜) の範囲の整数
11 1 (月曜) ~ 7 (日曜) の範囲の整数
12 1 (火曜) ~ 7 (月曜) の範囲の整数
13 1 (水曜) ~ 7 (火曜) の範囲の整数
14 1 (木曜) ~ 7 (水曜) の範囲の整数
15 1 (金曜) ~ 7 (木曜) の範囲の整数
16 1 (土曜) ~ 7 (金曜) の範囲の整数
17 1 (日曜) ~ 7 (土曜) の範囲の整数

WEEKDAY関数を使った曜日表示

<実行例>

<整数を曜日として表示する方法>

WEEKDAY関数の場合、曜日を整数として取得します。

曜日として表示するためには、表示形式を変更します。

セルの書式設定 → ユーザー定義 → 種類:aaaa

とユーザー定義で曜日フォーマットを指定することで、曜日として表示することができます。

WEEKDAY関数を使った曜日表示 まとめ

WEEKDAY関数を使った場合、曜日を整数で取得するので一見わかりづらいですが、他の関数と組み合わせたりするときにはこちらの方が便利です。

日付から曜日を表示する方法 まとめ

Excelで曜日を表示することは簡単にできます。

シンプルに曜日を表示したいのであれば、TEXT 関数を利用することで手軽に曜日を表示することができます。

一方で、WEEKDAY関数を使うことで整数として曜日を取得できるので、他の関数と組み合わせて利用したいときにはWEEKDAY関数を使うと良いでしょう。

実現したい事に合わせてTEXT 関数とWEEKDAY関数を使い分けてみて下さい。

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。