PostgreSQLでトリガーを確認する




PostgreSQLでトリガーを使ってる箇所を一覧で取得したい!

SQLを使えば簡単にできるで、紹介するね。

トリガーの確認方法

この3つのテーブルを組み合わせれば、トリガー関連の情報を得ることが出来ます。

information_schema.triggers:

triggersビューには、現在のデータベースで定義された、現在のユーザが所有するあるいは何らかのSELECT以外の権限を持つ、全てのトリガがあります。

SELECT
  * 
FROM
  information_schema.triggers
;

pg_trigger:

テーブル上のトリガを保存

SELECT
  *
FROM
  pg_trigger 
;

pg_proc:

関数(またはプロシージャ)に関する情報を格納

SELECT
  *
FROM
  pg_proc 
;

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。