sexeを使ってWindowsアプリをサービス化する方法

sexeを使ってWindowsアプリをサービス化するメモ

sexeとは

sexeとはWindowsアプリ(EXE)などを手軽にWIndowsのサービスとして登録させることができアプリです。

レジストリをいじる方法などもありますが、sexeを使うとレジストリをいじる事無く手軽にWindowsアプリをサービスに登録できます。

sexeでWindowsアプリをサービス化する手順

STEP1 | sexeのダウンロード

sexeのサイトへアクセスします。

環境に合わせてsexe32exe011.zip / sexe64exe011.zipのリンクをクリックする

ここから先はsexe64exe011.zipですすめます

ダウンロードしたZIPを任意の場所に解凍する(例ではDドライブに解凍)

STEP2 | sexeにWindowsアプリの登録

sexe64.exeを起動します。

登録したいWindowsアプリを選択し、サービス名や説明を記入してテスト起動をクリックする

例ではApacheを登楼しています

テストでWindowsアプリが起動されるので確認したら閉じる

OKをクリックして設定を完了する。

登録すると同フォルダにiniファイルが作成され、中に登録した定義が書き込まれる

STEP3 | サービスの確認と起動

サービスを開くとsexeで登録したサービスが追加されていることが確認できる

プロパティを見るとsexeが実行ファイルと登録され、sexe経由でWindowsアプリが起動されることが確認できる

サービスを起動するとApacheが起動することを確認できる

以上で、登録完了!

STEP4 | sexeに複数のWindowsアプリを登録する場合

sexeはEXE一つで1Windowsアプリの登録となります。

そのため、複数のWindowsアプリをsexeで登録する場合、フォルダを分けて対応する必要があります。

以下の例では3つのWindowsアプリをsexeでサービス登録しています。

キャプチャの通り、登録するWindowsアプリの数だけフォルダを分ける必要があります。

まとめ

このようにsexeを使うと安全に手軽にWindowsアプリをサービスに登録できます。

是非試してみてください。

オススメ記事

ぜひ!シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。