雑記

IT企業への転職を考えるなら、転職サービスの検討から始めよう!

2020年10月31日

-雑記

IT業界は常に人手不足と言われています。

そのため、一般的にプログラマーやシステムエンジニアなどのIT職の人材は転職がしやすいと言われています。

転職がしやすいのはチャンスがつかめることもあるので魅力的ですが、実際に転職をしてみると

  • せっかくを転職したのにやりたい仕事ができない
  • 働く環境が肌に合わない
  • 給料が下がってしまった

など自分の描いていた理想とミスマッチを起こして転職に失敗してしまうケースも見受けられます。

そうなると、諦めて働き続けるか、再度転職をするか考えることになります。

もちろん、ミスマッチだったからと言って短期間に転職を繰り返すと、悪影響も出ます。

では、転職に失敗する確率を下げるにはどうしたらいいかを考えて見ましょう!

やっぱり、ちゃんと企業リサーチして自分の目的と一致をするかをちゃんと把握する事が最も重要であると思います。

ただ、自分1人の力では、自分の希望に沿った企業を探すことはとても難しいです。

そこでお勧めしたいのが、どのような転職サービスが自分にとって最適かを考えることです

今回は、転職経験のある筆者が最初に初めて転職を考える人向けに、

  • 転職サイトと転職エージェントのメリットとデメリット
  • 特化型の転職サービス、転職エージェントのメリットとデメリット

を経験を交えながらわかりやすく説明します。

また、最近ではフリーランスという働き方も認知が広がり人気が出ています。

フリーランスを目指す人に向けてもオススメのサービスをあわせてご紹介します。

転職サイトと転職エージェントの違いとは?

まず、はじめての転職を検討されている方向けに転職サイトと転職エージェントの違いをお話しします。

インターネットなどで検索と検索をすると、転職サイトと転職エージェントという言葉を目にすることがあるかと思います。

どちらも転職をサポートしてくれるサービスではありますが、明確に違いがあるので最初に説明をしておきます。

転職サイトとは

求人情報のチェック〜応募/面接の手続きまですべてを転職活動をしている本人が行うことを前提にしたサービスです。

大学などで就職活動をしたことを思い出していただいたらわかりやすいです。

リクナビなどサイトに登録をして企業が提示した条件から自分で応募したい企業探し応募や面接までを自分自身で行います。

転職サイトのメリットとデメリット

転職サイトの主なメリット

  • 一般的に求人情報が多い
  • おすすめの求人情報や企業からのスカウトメールが届くことがある
  • 求人情報が豊富で、企業の雰囲気や社員インタビューなどを確認できる
  • 自分のペースで転職活動ができるため手軽さがある

転職サイトの主なデメリット

  • 求人検索から募集・面接日調整、条件交渉などなど、すべて自分で行わなければいけない
  • 自分主体での行動が必要になるので、時間と手間がかかる
  • 職務経歴書や面接での自己PRなどで客観的なアドバイスがもらえない
  • サイト上の情報だけで判断するので、詳細まで分からず、転職後のミスマッチに陥りやすい

手軽に転職活動を行えるメリットはあるものの、転職をする上でやらなければいけないことを全て自分でやらなければいけないサービスとなります。

転職エージェントとは

専任のエージェントがサポートをしてくれるサービス。

条件に沿った求人情報を紹介してもらえたり、履歴書等の書類チェックや企業とのスケジュール調整・条件交渉など幅広くサポートしてもらえる。

エージェント独自ルートの求人情報などもあり、転職を効率的に進めることができます。

また、サポートを行ってもらえるので、一人で転職を行わなければいけない不安感を軽減できます。

転職エージェントのメリットとデメリット

転職エージェントの主なメリット

  • 専門性の高いエージェントが、条件に合った求人を一緒に探してくれる
  • 書類や面接のサポートをしてくれる
  • 企業との調整(スケジュールや条件面など)を代行してくれる
  • エージェントのもつ非公開求人情報を得ることができる
  • 第三者のサポートを受けることができ、転職活動を行う上で安心感を持てる

転職サイトの主なメリット

  • 転職エージェントと面談があるなど時間的な制約は発生する
  • 特化型のエージェントの場合、他業種の求人を期待できない
  • 必ずしも自分に合ったエージェントと出会えるわけではない

特に初めて転職活動を行う場合は、何をやっていいのか右も左もわからない状態で進めなくてはならないので、孤独に陥りがちです。

そんな時に、第三者の立場でサポートをしてくれるのはとても心強いし安心します。

さらに、転職エージェントでは、担当するキャリアアドバイザーが求人企業との間に独自のパイプを持っていることが多く、魅力的な非公開求人をたくさん紹介してくれるケースが多いです。

私は、過去に2回転職をしていますが、企業に所属しながら転職活動をしていたこともあり、求人企業とのスケジュール調整や面談対策など多くの面でエージェントのサポートを受けて転職に成功しています。

初めて転職活動を行うなど1人で転職活動を行うことで少しでも不安があるのであれば、積極的に転職エージェントを利用することをお勧めしたいです。

転職サービスの総合型と特化型のちがいとは

転職サービスには、大きく分けて総合型と特化型と呼ばれるものがあります。

読んで字の通りですが、総合型の転職サービスと特化型の転職サービスについても違いをまとめていきます。

総合型の転職サービスとは

総合型は、業種業界にとらわれず幅広い求人情報を扱っている転職サービスです。

一般的な大手の転職サービス「リクナビ」「マイナビ」等はこの総合型になります。

総合型の転職サービスのメリットとデメリットを上げていきます。

総合型の転職サービスのメリットとデメリット

総合型の転職サービスの主なメリット

  • 幅広い業種業界の求人情報を得ることができる
  • 希望業種業界以外の求人から思わぬ求人に出会うことができる
  • 求人案件が豊富

総合型の転職サービス主なデメリット

  • 求人情報が多すぎて、本当に欲しい求人情報探しにくい
  • 余計な情報が多くて選択肢に迷ってしまう

特化型の転職サービスとは

一方で、特化型の転職サービスとは、IT業界など特定の業種業界に絞った求人情報を掲載しているサービスとなります。

例えば、ゲーム業界特化型のシリコンスタジオエージェントなどが挙げられます。

特化型の転職サービスのメリットとデメリット

特化型の転職サービスの主なメリット

  • 特定の業種業界に特化した求人のみを得ることができる
  • 応募者の希望にあった求人が探しやすい
  • 専門性の高い転職エージェントのサポートを受けることができる

特化型の転職サービス主なメリット

  • 転職サービスが専門としている業界業種以外の求人情報が入ってこない
  • 他業種への転職も視野に入れている人には向かない
  • とりあえずいろんな情報を得たい人には向かない

転職サービスについてのまとめ

例えば、IT業界への転職を強く希望する場合は、特化型の転職サービスを利用することを推奨します。

メリットとしては、IT関連企業からの求人情報しか入ってこないので必要な情報のみを効率的に収集することができます。

そのため、自分の求める条件にあった転職先を探しやすくなります。

一方で、IT関連への転職が第一志望だけど、他の業種業界も視野に入れたいなどをは幅広い業種業界で転職すること可能性として残している方には向きません。

逆にIT企業以外への転職も検討してる方が特化型のサービスを使ってしまうと選択肢が狭まってしまうデメリットとなります。

このように、 特化型の転職サービスにもメリットデメリットはもちろんあります。

転職の考えに合った転職サービスを選択することが重要です。

フリーランスとは?

フリーランスとは、会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のことです。

ライター、デザイナー、SEなどの職種で、個人で仕事をしている人のことを指します。

フリーランスの主なメリット

  • 仕事とプライベートの時間の使い分けを自分の裁量で仕事が行える
  • 収入アップが見込める
  • 人間関係のストレスから解放される
  • 副業ができる

フリーランス主なメリット

  • 収入が不安定になりやすい
  • 業務以外の作業も多い
  • 社会的信用度が低い

フリーランスとして働くことは自由度もあり、収入アップの可能性もありますが、自分で仕事を探さないといけないなど大変な面も多くあります。

求人の探し方

フリーランスの場合、自分で仕事を探さないといけないため、安定して受注できないと収入が減少したり不安定になります。

以前は、フリーランスで仕事を探すのは大変でしたが、

最近は、freelance hubなどフリーランス向けの求人サービスも拡充してきています。

freelance hubでは8万件を超える案件を掲載、言語・フレームワーク・職種等多彩な条件での検索が可能なので、自分に合った仕事を継続的に受注できる機会を得ることができます。

フリーランスを目指すのであれば、このようなサービスを積極的に活用することでハードルを下げることができます。

筆者の思う転職活動

まずは筆者が 転職をするにあたり、IT企業への転職のみを検討するのかそれ以外の日を検討するのかを最初に決めることが肝心です。

筆者の場合、もともとIT業界で仕事をしてきたこともありIT業界の転職のみを検討材料として入れました。そのため特化型を選びました。

はっきりとIT業界に転職したいと言う気持ちがあるのであれば全力で特化型の転職サイトをお勧めします。

また、できるだけ転職エージェントを利用することをお勧めしてます。

特にはじめての転職だと企業との調整、 企業の探し方などわからないことばかりです。

正直わからないことでうだうだ悩んで転職に影響を出すのであれば、初めから第三者に丸投げしてサポートしてもらうのが1番手っ取り早いです。

実際、筆者も転職エージェントのサポートがあったからこそ転職できたと今でも思っています。

転職エージェントの方にサポートしていただいて良かったと思っています。

筆者のようにIT業界の転職に絞っているのであれば特化型の転職エージェントを使うことをお勧めしたいです

もちろん、スキルに自信がある、自由に仕事がしたいなど希望があればフリーランスを目指すのもアリだと思います。

自分がなにをしたいか、どのように働きたいかしっかり考えて転職をしましょう。

転職して後悔がないようにすること、これが一番だと思います。

-雑記