プログラミング

【2021年最新版】Windowsでpyenvを使う方法

2021年8月10日

Windowsでpipをつかってpyenvを使う方法のメモ。

WindowsにPythonをインストール

pipコマンドを使うにはWindowにPythonがインストールされている事が前提。最初にインストール済みか確認する。

コマンドプロンプトを開いて以下のコマンドを実行。

>python --version

以下のようにPythonx.x.xとバージョンが表示されていればインストールされているのでOK。※バージョンは環境によって異なる。


Python 3.9.6

表示されない場合、公式サイトからPythonをダウンロードしてインストールする。

exeをダウンロードしてインストールするだけなので、細かい手順は割愛。画面に沿ってインストールすればOK。

インストール後、再度コマンドプロンプトでコマンドを実行してPython x.x.xと出てくればインストール完了。

>python --version
Python 3.9.6

pyenv-winのインストールと環境設定

手順はGitHubのpyenv-winのInstallationのとおりに進めます。

インストール方法はpipやzipなど複数あるが、今回はpipでインストールする。

pyenv-winはWIndows用のpyenv。基本的な使い方はpyenvと同じ。

pipでインストール

コマンドプロンプトを開いて以下のコマンドを実行する

pip install pyenv-win --target %USERPROFILE%\.pyenv

C:\Users\{ユーザ名}配下に .pyenv ディレクトリが作成されてインストールされる。

pyenvインストールディレクトリ

環境変数の設置

環境変数を編集を開きユーザの環境変数に変数PYENVを作成する。

変数名にPYENV、値に以下のパスを設置する。

%USERPROFILE%\.pyenv\pyenv-win
変数PYENVの設定

ユーザの環境変数に変数pathにパスを追加する。

追加する位置は先頭にしておく。

%PYENV%\bin
%PYENV%\shims
変数pathの設定

コマンドプロンプトで確認

コマンドプロンプトでコマンドを実行する。

pyenv --version

バージョンが表示されればOK。

pyenv x.x.x

pyenvでPythonを切り替える

pyenvを使って任意のバージョンに切り替える方法

コマンドプロンプトでPythonの切り替えるのに使う代表的なコマンドを説明

<インストール可能なバージョンの一覧表示>

pyenv install --list

pyenv-winではMacなどのpyenvと違い、anacondaが含まれていない。anacondaをpyenv-winで管理する方法は別記事でまとめる。

<Python3.8.9のインストール>

※例で3.8.9をインストール

pyenv install 3.8.9

<インストール済みPytonの確認>

pyenv versions

*付きが今設定されているバージョン

pyenv versions

<Pytonを3.8.9への切り替え>

※例で3.8.9へ切り替え

pyenv global 3.8.9

pyenv versions を実行すると、*が3.8.9に付いている。

pyenv versions

Pythonのバージョンを確認してもちゃんと3.8.9となっている。

Pythonバージョン

-プログラミング
-, ,