プログラミング

簡単!WinSCPでファイル名が文字化けする原因と対応方法

2021年7月16日

WinSCPでファイル名文字化けする原因と対応方法WinSCPでファイル名文字化けする原因と対応方法

WindowsでWinSCPを使っていると接続先のFTPサーバのファイル名が文字化けしてしまうケースがある。

文字化けを起こす原因と対応のメモを残しておく。

WinSCPでファイル名が文字化けする原因

WinSCPでFTPサーバに接続した際に、画像のようにファイル名が文字化けしていることがある。

WinSCPの文字化け

WinSCP接続の文字コード設定とFTPサーバー側で使われている文字コードが一致しないときに発生。

Windows環境でWinSCPを使う場合など、ローカルがSJISでFTPサーバ環境の文字コードがUTF8になっていることで発生してしまう。

文字化けしていると、ファイルの取得ができなるなることもあるので、文字コードの不一致を解消することが必要

WinSCPでファイル名の文字化けの対応方法

UTF8で接続するようにすることで文字化けを解消できる。

STEP1 | WinSCPセッションの設定を開く

WinSCPのログインポップで設定をクリックして設定画面を開く。

WinSCPの設定

STEP2 | WinSCPのサーバー環境の設定を変更する

ファイル名をUTF8でエンコードをオンにしてOKをクリック(保存)する。

セッションごとの設定なので、複数セッションで対応したい場合、それぞれのセッションで対応が必要。

UTF8をオンにする

STEP3 | WinSCPでFTPサーバに再接続する

FTPサーバへ再接続すると文字化けが解消されている

WinSCP文字化け無し

以上でWinSCPのファイル名文字化け対策終わり

-プログラミング